博多ラーメンまるとん(中洲川端)「らーめん」550円

 中洲のメインストリート「中洲大通り」に6月オープンしたいわゆる「屋台村」。ラーメンはもちろん餃子専門店や色々な店がテント屋根の下に店を構えているが、昨今のフードコート業態と同じく屋号は違えどスタッフや経営は一緒。その一番手前に控えているのがこのラーメン店だ。

 聞き慣れない屋号だが、この場所のために新しくついた名前。経営しているのは唐人町にある「博多15ラーメン」と同じところ。そう言われてみれば、確かに15ラーメンも居酒屋的というか屋台風のメニューが色々揃っている店だった。 ラーメンと焼きラーメンを注文してみた。

 ラーメンは博多15ラーメンとほぼ同じ設計で、古き良き時代の博多ラーメンを連想させるノスタルジックな一杯。スープは濃度も高くなくサラッとした口当たり。油でこってり感を演出する長浜スタイルの設計だ。麺は細低加水ストレート麺。具はチャーシュー、キクラゲ、小ネギとシンプル。焼きラーメンも特段語ることはない出来だった。町中では今さら感が強いラーメンだったが、観光客やインバウンド需要があるのかな。果たして王餃子や一双の牙城を崩せるのだろうか、見物ではある。


博多ラーメン まるとん
福岡市博多区中洲2-6-9 中洲二丁目屋台内
市営地下鉄空港線「中洲川端」駅より徒歩4分

0コメント

  • 1000 / 1000