KOMUGI(別府)「トリニボ+煮干し油」650円

 2018年2月26日オープンの新店へ。青い色の壁面にアルファベットのチャネル文字というファサードはラーメン店というよりもカフェや美容院のようでお洒落な雰囲気。こちらは宮若市の「王ちゃんラーメン」が移転リニューアルとのことだが、恥ずかしながら前店を知らなかったので先入観ナシまっさらの初訪となる。混ぜそばが推しのお店のようだが、やはりラーメンの方をセレクトしてしまう。

 澄明で綺麗な鶏清湯にほんのり煮干しが香る。東京だとトリニボと言ったら何となく鶏白湯にガッツリ煮干しが効いたラーメンを想像するが、それとはまったくベクトルが異なるトリニボの解釈が楽しい。塩度も控えめで角がなく丸い味わいは万人に愛されそう。何気に揚げ白髪ネギがテクニカルポイントになっていて、自家製のストレート中細麺もマッチしている。麺の茹で加減、食感も良くアシも遅め。チャーシューも豚バラ、肩ロース、鶏と3種類も乗って600円は安い。福岡のラーメン市場の難しさを感じさせる値付けだと思う。東京だったらあと150円乗っていても普通に許されるだろう。

 味変アイテムの煮干し油は背脂も混ぜ込んでいて煮干しも強く、一気に表情が変わる。ただ提供の仕方がややスマートさに欠けるので、何かワンアイデアあるとより良いのだけれど。そこだけがちょっと惜しいかな。ワンオペで丁寧に作っているので提供時間はすこぶる遅いが、オペレーションはいずれ改善されていくことだろう。また足を運んでも良いかな、と思わせるポテンシャルがある新店だ。かと言ってまぜそばはやはり興味がないのだけれど。


KOMUGI
福岡市城南区別府5-24-1
市営地下鉄七隈線「別府」駅より徒歩7分

0コメント

  • 1000 / 1000