駒や(馬出九大病院前)「ワンタンメン」650円

 東区馬出の九大病院近くに2019年2月オープン。オープンと言っても、鉄板焼店の二毛作昼営業となる。しかし福岡ネイティヴではないと、なかなか「馬出(まいだし)」という地名は読めないな。近くの筥崎宮で行われる神幸の際に馬を出したことからついた地名のようだ。

 鉄板焼の居酒屋が夜に出していた豚骨ラーメンで昼営業にスピンオフ。オープン当初は一日20食限定という稀少性も手伝って、SNSを中心に福岡の一部のマニアで話題を集めた。週末なのでさぞ人が殺到しているかと思い、オープン前に店に向かうも前客は一組だけだった店はもちろん普通の居酒屋だが、店内に入ると豚骨の香りが充満している。店主がラーメンを作り、そのお母様と思しき女性がホールを担当する。物腰柔らかな接客が心地よい。

 メニューはラーメン、ワンタンとシンプル。ラーメンは一杯500円というワンコイン価格。ワンタンも人気のようなので、4個150円というワンタンを追加してワンタンメンにして貰う。ラーメンは一杯ずつ作って提供するので時間がかかるとのこと。とは言いつつも比較的早くラーメンが到着。

 出て来たラーメンは見た目にもノスタルジックな趣き。スープは昔ながらの博多ラーメンらしく、豚骨臭はありながらも比較的濃度粘度は軽めで、カエシをしっかり効かせたようなバランス。きっと生粋の博多ッ子には刷り込まれた味なのだろうな。有料の「辛子高菜」「辛ニンニク」は思った以上に尖った辛さなので、入れる時は少量を推奨する。

 古き良き博多福岡の豚骨ラーメンを丁寧に作った一杯という印象。それ以上でもそれ以下でもないのだが、ラーメンに対する実直な姿勢が感じられる良いラーメン。夜営業では違うラーメンを出しているようなので、そちらも一度食べてみたいな。


駒や
福岡市東区馬出2-5-7
市営地下鉄箱崎線「馬出九大病院前」駅より徒歩3分

0コメント

  • 1000 / 1000