蜂楽饅頭 福岡本店(西新)「蜂楽饅頭」

 1953(昭和28)年、熊本水俣で創業した、いわゆる「回転焼」の老舗。福岡への進出は1965(昭和40)年と半世紀の歴史を持つ。西新の福岡本店はテイクアウトの他にイートインスペースも併設している。
 蜂楽饅頭は黒と白の二種類あり、人によって好みは分かれるが、私は二個買って両方その場で食べる派。やはりこの手のモノは出来立てにかぶりつくのが一番美味い。他の回転焼と比べて餡子がたっぷり入っているのがいい。
 そして夏の定番がかき氷。純氷を細かく削り山型に盛ったかき氷は、どれも小さめなので蜂楽饅頭とセットで食べるのに丁度いい。数あるシロップの中でも必食なのが「コバルトアイス」。見た目だけでブルーハワイの亜流と思うなかれ。蜂蜜と練乳をベースに作った蜂楽ならではのオリジナルシロップなのだ。また「宇治蜂楽」もさすがお饅頭屋さんだけあって、餡子が美味しいのでオススメ。


0コメント

  • 1000 / 1000