有吉商店(渡辺通)「博多担々麺」740円

 春吉のだるまに程近い場所にある人気店。2013年のオープンながら初訪問。夜は半分飲み屋的にも使える店のようだが、お昼時で一階は半分くらいの着席率。二階にも人が出入りしていて客足は絶えない。

 何度となく店の前は通っていたのだが、あまりそそられなかったので何度かスルーしていた。看板に書かれた「本家博多担々麺」という文字は、刺さる人には刺さるのだろうが、私のような人間にはあまり刺さらないのだ。そもそも担々麺自体に思い入れがなく、さらにラーメン専門店のアプローチの担々麺よりも中国料理店の担々麺の方が好みというのもあるからだと思うのだが。なぜ食べに来たのかといえば、ここ最近「とり田」や「まるたん」など、博多に担々麺のお店が増えているので、その先駆的な存在であるところも食べておく必要があると思ったからだ。

 メニューは担々麺系が4種類にあとは豚骨、清湯中華そばも。もちろん頼むのは基本の「博多担々麺」。サラっとした豚骨スープに多加水中太縮れ麺。スープは粘度や油分はなく豚の旨味と芝麻醤が程よく配されている。特徴的なのは酢の酸味。担々麺でこういう酸味の使い方は面白い。挽肉も甘ピリ辛な感じで、基本的に辛さは選べず卓上の唐辛子などで調整させるシステム。何が博多担々麺なのかという疑問符はついたものの、意外にといったら失礼だけど美味しかった。

 せっかくなのだから「博多担々麺」なるジャンルをある程度確定したら面白いのにな。何をもって博多担々麺というのか、を今一度考えて。豚骨ベースのスープだからとか、博多でやっているから「博多担々麺」というのはさすがに弱いと思うので、やはり「まるたん」のように「極細低加水ストレート麺」「替玉」という、博多ラーメンの特徴を生かした担々麺であれば「博多担々麺」というイメージに合致するのではないかと、個人的には考えている。


有吉商店
福岡市中央区渡辺通1-8-18
市営地下鉄七隈線「渡辺通」駅より徒歩3分


0コメント

  • 1000 / 1000